一宮学園自立支援はじめのいっぽ後援会


私たちの活動

支援のお願い 

 お金の支援

 物の支援

 人の支援

 プロジェクト支援

お知らせと報告

 映画会を開催します

 新会長が決まりました

 おふとん&巣立ちグッズで
 応援

 成人を祝う会を行いました

 ふるさと宅配便を送り
 ました

 チャリティ映画会は終了
 しました

はじめのいっぽ通信

一宮学園の紹介


新着情報
◆10月22日          
 チャリティ映画会「一宮学園
 で映画を観よう」を開催  
 します
◆5月31日          
 はじめのいっぽ通信第11号
 を発行しました
◆5月21日          
 はじめのいっぽ後援会の 
 新会長が決まりました









    

     














関連サイトへのリンク

 一宮学園 

 ファミリーサポートさくらんぼ

 セカンドハーベストジャパン

 CAPセンター・Japan

 J-CAPTA





私たちの活動


  私たちは、一宮学園を巣立ったあとの子どもたちのことが心配で、後援会を
  立ち上げることにしました。
  人生の早い時期に、本来はしなくてもいい葛藤を味わってきた子どもたちに
  社会は厳しいだけじゃなく、温かいということを知ってもらいたいと思って
  います。私たちは、子どもたちが自立をする時のはじめのいっぽの手助けが
  できるような活動をしていきます。皆様どうぞよろしくお願いいたします。
 
      



メンバーは
全員ボランティアで
活動しています。
少人数のチームですが
それぞれの持ち味や
得意分野を活かそうと
頑張っています。


施設を退所する子どもたちの前に立ちはだかるもの

様々な事情があって児童養護施設で生活する子どもたちにとって施設は家庭であり施設の職員は親です。
子どもたちは施設で寝起きし、食事をし、施設から地域の学校に通い、職員が日常生活の支援をします。
そこでは安定した環境が保証され、幼い時期に過酷な状況にさらされてきた子どもたちが安心してのびやかに
育っていけるよう施設職員の懸命の努力がされています。
しかしながら子どもたちは18歳に達すると原則として施設を退所して自立しなければなりません。
自立の際の公的な支度金は十分とはいえず家族からのサポートも期待できない彼等彼女等にとって
いきなり放り出される社会はきわめて過酷なものです。不幸な結果を生むあまたの誘惑を避けるのも容易では
ありません。


家庭への復帰や家族による支援が得られるのは例外的であり、進学するにしても就職するにしても衣食住すべてを自力で賄わなければなりません。在学中の部活動などを犠牲にしたアルバイトでのささやかな蓄えと公費で支給される支度金をかろうじて自立生活の初期費用にあてますが、以後の生活はとても厳しいものであり病気や事故などの突然の出費への備えもありません。


施設に在籍中ほとんどの子どもは進学を希望しますがお金の見通しはつかないことが理由で断念せざるを
得ません。時には親族からの援助や奨学金制度の利用で専門学校や大学への進学がかなう子どももいますが、進学後も学費と生活費の工面のために長時間のアルバイトが避けられず卒業までこぎつけられる例はまれです。


大人からの保護も応援もなくひとりで生きるのは難しいことです。社会にはわからないことが沢山あります。
新しい環境での人間関係がうまくいかないこともあります。そんな時に傍らで慰めてくれたり、教えてくれたり、
励ましてくれる人がいないとくじけてしまうこともあります。一宮学園では一人ぼっちでの就労に耐えられず在園時の馴染みの職員に助けを求めて帰ってくる子どもが後を絶ちません。これらの子どもには話を聞いてくれる相手や
再就職や仮住まいについての支援が必要です。

子どもたちの自立を支えるために

まだ未成年の子どもたちがいきなり社会に出て時として過酷な労働に耐え人間関係の葛藤を乗り越え、生活上の様々な問題に対処しながら、自立していくのを見ることが私たちの願いです。以下のような活動をしています。

●金銭的支援
  止むを得ない一時的な出費(病気、事故、犯罪被害、他)に対して金銭支援(貸付および給付)をします。
  これには資金が必要となります。・・・・・皆様のご支援をお願いします
●イベント「一宮学園で映画を観よう」の開催(毎年10〜11月ごろ)
  地域の方々と共に映画鑑賞をし、その機会を通じて児童虐待防止、児童養護施設、はじめのいっぽ活動、
  などについてご理解を深めていただけるようにします。
●ふるさと宅配便
  年末年始を孤独に過ごさなければならない子どもたちのために彼らの実質的なふるさとである一宮からお餅、
  お菓子、日用品などに施設在籍時に生活の面倒を見た職員のメッセージを添えて送ります。
●おふとん&巣立ちグッズプレゼンター
  高校を卒業し退所して独り暮らしを始める、あるいはグループホームに入居する子どもたちにふとんセット、
  および協力者から寄付していただいた家電品、台所用品、日用品などを贈ります。
●ぶっちゃけトーク〜ここを出てからのこと
  卒業と退所が近い高校生を対象に、社会に出てからの様々なつまづきの防止策としてゲストスピーカーを
  お招きして体験談や社会生活で必要な心構えについて語っていただき、話し合います。
●成人を祝う会
  20歳になっても自らの成人を祝う余裕の無い独り暮らしの女の子を対象にボランティアによる振袖の貸出しと
   着付け、食事会などで楽しい記憶を作るお手伝いをします。
●子育て支援
  女の子が若くして母親になるケースがあるので、出産や育児の対応についてサポートをします。
●引越し支援
  施設を巣立って一人暮らしを始める子どもたちの生活用品運搬のお手伝いや新住居での生活立ち上げの
   アドバイスをします。